本文へスキップ

戸塚、大船のギター教室

過去のイベント(2010年)

ギター抜き!忘年会

開催日時:2010年12月5日
開催場所:ビアレストラン カサドール(@JR大船駅近く)


総勢20名、盛り上がりました!店の焼酎は飲み干したみたいです(笑)。
初めての方もいらっしゃるので、名札をそれぞれつけていただき、そこに来年の豊富など書いていただきました。それがなかなかおもしろく、最年少小学生T君は「サッカーがんばる。ギターもがんばる」かわいいね! 卓kunは「業績回復」う〜ん、実感!多くの方は健康・元気・明るく、そしてもちろんギターのこともね!ありがとうございました。(レポートby安藤先生)

・楽しい忘年会でした。いつもながら先生どうもありがとうございました。これからも3歩進んで2歩下がりながら、(2歩進んで3歩下がる?)地道に、楽しく進んでいけたらと思います。(MI)

・自分の前を歩む諸先輩とお喋りが出来とても楽しかったです。日頃の悩みも笑いに変わり肩の荷が少し楽になりました。人生はこれからと信じ今日一日を大切に!今後も親友レイモンド(楽器の名前です!)と語りあっていく勇気が持てました。先生、皆さん今後ともよろしくお願いしますね。(ナウシカ)

・忘年会では大先輩方とお話ができてとても楽しい時間を過ごせました!初対面の私にも優しく接して下さり、ありがとうございます。皆さんのお話を聞かせて頂き、皆それぞれ自分のペースでギターを楽しんでいるんだなぁと思いました。飽きっぽい私ですが、自分のペースで皆さんのように長くギターと付き合って行きたいと思いました。また、そういった「自分のペース」で進める事を許してくださる安藤先生に感謝しております。これからもよろしくお願いしますね!(T.F)


合宿@ペンションがるば

開催日時:2010年10月10日〜11日
開催場所:ミュージックペンションがるば


10月10・11日恒例の合宿:ミュージックペンションがるばへ行ってきました。
今年は参加者が少なかったために、時間にゆとりを持ってコンサート・録音ができました。コンサートは「ちょっと弾いてみようKAI」のように参加者が順番に弾いていきます。それが終わると録音です。
このような機械で2本マイクをセッティングしていざ!
毎年参加している卓kunはもう慣れたものです。あとは編集作業がありますね。がんばりましょう。
(レポートby安藤先生)


富塚神社のお祭りの催し

開催日時:2010年7月31日(土) 夜
開催場所:戸塚


7月31日(土)戸塚にある富塚神社のお祭りの催しで、安藤と生徒さん二人のトリオで演奏しました。当日はカラオケあり、タップダンス、フラダンス、和太鼓などもありでしたが、PA装置が充分でなくお客さんには繊細なギターやプサルタリーの音は伝わらなかったかなぁという感じでした。しかし当教室ではプサルタリーを含めたトリオ演奏は初チャレンジでしたので、次回の弾いてみようKAIで演奏しようという気になった良い体験でした。わざわざ足を運んでくださった生徒の皆さま、ありがとうございました。(レポートby安藤先生)

▲「過去のイベント」のトップページに戻る


第二回ちょっと弾いてみようKAI

開催日時:2010年5月29日(日) 午後17:30〜
開催場所:鎌倉芸術館
参加人数:21名


前回の「ちょっと弾いてみようKAI」から約半年・・・。
安藤三七子ギター教室の合同発表会も二回目を無事に迎えることができました。今回新たに参加してくれた方、前回はグループだけだったけど今回はソロでも挑戦という方。みなさん日頃のレッスンの成果を存分に発揮してくれました。




<みなさんのコメント>

・ちょっと弾いてみようKAIも早くも2回目ですね!皆さん大変素敵な演奏でした全員で「悲しくてやりきれない」を歌えたのも貴重な経験でした!普段個人レッスンなので他の生徒さん方とお会いできるのも発表会ならではですね。今回も参加させて頂き楽しかったです(ムートン)

・今回の発表会で、自分に自信と希望を持つことができました。これからも、今回弾いた人たちのようにがんばりたいです。(ATSU)

・みんな 私のみるところでは 随分 緊張感が部屋中に 溢れていたように感じましたね。緊張のあまり 自分がどんな 演奏であったか、なんてまるでわかりませんでしたもの・・・。やっぱりあれは「発表会」ですよ、「チョット弾いて見ようか・・・」なんて雰囲気ではありませんでした・・・。でもやはり一度くらいはああやって必死(?)になる時期も必要かな?と 。衰えてゆく脳のためにも時々活をいれないとだめかもね。(湖畔乙女?)

・昨 年の6月から始めたギター、この歳からやっていけるのかと不安でしたが安藤先生だから頑張ってこれました。怖いもの知らずで今回も演奏させていただき、お まけにまた歌まで歌っちゃいました。^^;今回は自分の震える指を見てさらに緊張しもっと震えてしまいました。トホホホ・・・ゆっくりでいい!これからも 皆さんと互いの成長を喜び合いながら会を重ねていけたらと思います。次回は、安藤ギター教室の詩を作って皆で演奏し歌いたいなあ〜 (ナウシカ)

・私は私なりに失敗を恐れず演奏に望んだものの,、どうもいざ本番となると手足に力が入らなくなり自分が目指そうとした演奏が出来なかったのが残念でなりません。キャリアを積んでもこの状態は変わらないものなのか?それともギターテクニックがまだまだなの?先生からお世話頂き早や10年が経過し、ギターを弾く楽しみを思い存分味わうことが出来ているのは幸せの一言に尽きます。さあ今度は何を弾こうかなぁ?(卓kun)

・当日の練習時 どうなるかと思いました。あまりにも合わずもう帰ろうとさえ思いましたが何とか演奏らしきものになったのでしょうか?後の試聴がこわいです。
本当に練習は裏切らない、とは良く云ったものだと改めて感じた発表会でした。ご指導を本当に感謝しております。今後も よろしくお願いいたします。(鎌倉の酔人829)

・リラックス、リラックスと思ってもどうしても緊張してしまいますね。いつか手も震えず、心臓もバクバクせずに弾ける日が来るのでしょうか?
そして今回もまた、学生時代のテスト勉強のように一夜漬けモードでした。(あ〜反省!)次回のKAIに向けて(早いかしら?)これから練習がんばります。

・本番では決して満足のできるものではありませんでしたが、なんとか3曲も弾けるようになったのは、弾いてみようKAIという目標があって1ヶ月間結構真剣に練習したせいだと思っています。次は、演歌の「北の旅人」と、昔テレビで放送されていたサントリー・ウィスキーのCMソング「夜が来る」か「ウィスキーがおすきでしょ」に挑戦できたらいいなと思っています。(大船のA)

前回「弾き語り」が話題になりましたが、今回は「全員参加」の企画がありました。曲目は「悲しくてやりきれない」。曲そのものがシンプルなこともあり、プログラムの裏に歌詞を載せて演奏者の「ぜひ皆さんで!」の呼びかけに会場には・・・ちょっと戸惑いながらも皆さんの歌声が響きました。

少し前の曲で、オリジナルを聞いたことがない私(筆者)でしたが、カバーを聞いたことがありいい曲だなぁ・・・と感じていました。もしかしたら他のアーティストもカバーしているのかもしれませんね。(ちなみに私が聞いていたのはレゲエを歌っているPUSHIMさんのバージョンでした)

会場では「シンプルですぐ歌えた」という声も聞かれました。

最後は「ちょっと弾いてみようKAI」の恒例というべきか、実はこっちがメインじゃないか、というべきか・・・の打ち上げ&交流会でした。

今回は大船にある中華料理のお店「上海摩登饗庁(シャンハイモダン)で行われました。美味しいお酒とお料理に、今日の感想などを話題に大いに盛り上がりました。


研究発表会(加藤ギタースクール)

開催日時:2010年2月28日(日) 午後13:00〜
開催場所:目黒区油面住区センター


寒い雨の日曜日、加藤ギターグループのギター&プサルタリー研究発表会がありました。これは私たちが11月に行った「ちょっと弾いてみようKAI」と同じような会です。
お教室からはギターとプサルタリーの二人の生徒さん出演されました。プサルタリーの生徒さんも多くなり、ギターとプサルタリーの演奏者の割合は3:2くらい。レベルもかなり高く、聞いていて非常に楽しいかったです。
プサルタリーの演奏曲は「大きな古時計」と「サウンドオブサイレンス」。はじめ少し緊張されていましたが、「サウンド・・」はすばらしく加藤先生もよかったとおっしゃっていましたし、他の生徒さんからも演奏したいと声をかけられました。
ギターは「カルカッシエチュードNo.7」と「月光」、発表会前の最後の1週間の追い上げがすばらしかったです。加藤教室のイベントももう常連。演奏も落ち着いていました。おふたりともよくがんばられましたね。(レポート by 安藤先生)

▲「過去のイベント」のトップページに戻る